Ubuntu‎ > ‎

lpiaアーキテクチャのマシンにi386用のdebパッケージをインストールするバッドノウハウ

Dell Inspiron MiniなどのAtomプロセッサを使用したUbuntuは、CPUアーキテクチャが通常のIntelプロセッサ用のi386ではなく、lpia(Low Power Intel Architecture)というものになっています。しかしながら、公式のパッケージリポジトリ(Dell Inspiron Miniだと、http://dell-mini.archive.canonical.com/ubuntu/)以外で配布しているdebパッケージはほとんどがi386用です。i386用のdebパッケージをインストールしようとした場合、「パッケージアーキテクチャ (i386) がシステム (lpia) と一致しません」というエラーになりインストールすることができません。そこで、lpiaアーキテクチャのUbuntuにi386用のdebパッケージをインストールするバッドノウハウを紹介します。

i386とlpiaは基本的に同じ"らしい"ので、アーキテクチャの違いを無視することで強引にインストールすることができます。

まず、インストールしたいパッケージをUbuntu packagesページ(http://packages.ubuntu.com/)から探してきます。ディストリビューション(HardyとかJauntyとか)とアーキテクチャ(普通はi386)を使用しているPCの環境に合わせて、目的のパッケージのファイルをダウンロードします。公式パッケージ以外のdebパッケージを使用する場合は、i386用を選んでください。

そして、以下のようにしてGDebiを使用してインストールします。

$ sudo gdebi hogehoge_i386.deb

Gdebiは、"ある程度"依存関係を解消してインストールしてくれます。実際には、dpkgに--forceオプションをつけて、アーキテクチャの違いを無視してインストールしているだけですが。。。

GDebiで依存関係を上手く解消できない場合は、手動でインストールすることもできます。前述のUbuntu packagesページから依存するパッケージのファイルを全てダウンロードしてきて、以下のdpkgでインストールします。

$ dpkg -i --force-architecture *.deb

i386用のパッケージしか用意されていなくて、ソースからコンパイルするのは面倒(もしくはソースが公開されていなくてできない)というときは、お試しください。(もちろん、自己責任で!)

※パッケージを変換するのは面倒という方は、i386なUbuntuをインストールする方法も紹介しています。

Comments